長引く風邪の症状や疲れに悩んだときは慢性疲労症候群を疑う

椎間板ヘルニアの新治療

病院

PLDDは椎間板ヘルニアの治療法の1つで、椎間板の内部にある組織をレーザーのエネルギーで蒸散させ、飛び出したヘルニアを内側へ戻すというのが基本原理です。従来の外科手術に比べると身体への負担が軽いという特徴があります。

もっと見る

ガンの完治のために

聴診器

NK細胞療法とは、NK細胞を強化するという治療方法です。患者自身のNK細胞を採取して培養するので、副作用などの心配がなく安全ということで、注目されています。ただしまずは、手術や放射線療法などでガン細胞の勢いを抑えることが必要となります。ガン保険で治療費を補償してもらえるので、需要は高まっています。

もっと見る

強い疲労感

医師

毎日のように家事や育児に追われる女性や、残業や過酷な労働と残業を続けている男性の中には慢性疲労症候群を患っている人がいます。この症状の名前を聞くと、慢性疲労と同じなのではないかと思う人もいる出ようが、実際には全く違う病気です。慢性疲労は、日頃の疲れが蓄積された状態が続き体になんらかの異変が起こる病気の一つです。しかし、慢性疲労症候群は実際には疲れていない状態でも極度の疲労感を感じてしまい、仕事や家事など身体を動かす作業ができなくなる身体疾患の一つと言われています。この症状は、病院で適切な治療を受けければならない病気の一つのため、心当たりがある人は早めに医師に相談した方が良いでしょう。

しかし、どういった症状が出たら慢性疲労症候群なのか判断するポイントが分からないという人も少なくありません。そのため、自分が慢性疲労症候群になっていたとしても気づかずに悩み続けているというケースもあります。もし、少しでも思い当たる節がある人は慢性疲労症候群のセルフチェックを行なってみてください。手持ちのパソコンやスマートフォンから診断することができます。この病気の主な症状は風邪の症状に似ている部分があります。例えば、筋肉痛や関節痛、咽頭痛や頭痛などの痛みが発生し、リンパ肥大、顔面のこわばりといった症状が現れます。現れる症状は人によって違ってくるため一様には断定できないのがこの病気のむずかしいところです。そのため、セルフチェックや長引く風邪の症状で悩んでいる人は、専門の医師がいる病院に行って診察してもらいましょう。

抗癌剤の副作用を軽減

カウンセリング

免疫細胞が正常な細胞を傷つけないようにするのが樹状細胞療法です。癌細胞を特定し、免疫細胞が癌細胞を集中的に攻撃出来るようにサポートしてくれるのです。樹状細胞療法は体に元々ある樹状細胞を使うので副作用の心配がなく、抗癌剤などの副作用も軽減してくれる効果があります。

もっと見る