抗癌剤の副作用を軽減|長引く風邪の症状や疲れに悩んだときは慢性疲労症候群を疑う

長引く風邪の症状や疲れに悩んだときは慢性疲労症候群を疑う

抗癌剤の副作用を軽減

カウンセリング

体の中の細胞が突然変異してしまうことによってなってしまう癌は、未だに死亡原因の上位に位置する病気です。癌の治療には様々な方法がありますが、免疫療法もその一つです。樹状細胞療法はそんな免疫療法の一種であり、樹状細胞とは元々人間の体の中にある細胞の一種です。この樹状細胞は体の中にある癌細胞を探して免疫細胞に知らせるという働きがあります。これを利用したのが樹状細胞療法です。免疫細胞はどこが癌細胞なのかわからないと、正常な細胞も攻撃してしまうことになります。それを防いでくれるのが樹状細胞療法であり、癌細胞の位置を特定することで免疫細胞が集中的に癌細胞を攻撃出来るようにサポートすることで癌を治療することが出来ます。

癌の治療に使われることが多い抗癌剤ですが、一定の効果がある反面で副作用などの問題もあります。そこで最近行われるようになっているのが免疫療法の一種である樹状細胞療法です。癌細胞を特定することが出来る樹状細胞療法は、体の中に元々ある樹状細胞を使用するために副作用といった心配がありません。それどころか、抗癌剤による副作用を軽減してくれるという働きもあるのです。また、体中に効果が及ぶので転移癌など体の広範囲に及ぶ癌にも効果が期待出来ます。抗癌剤による化学療法を始めとし、他の治療法と併用して行うことも出来るというのも大きなメリットです。抗癌剤治療では難しいと判断された場合でも、樹状細胞療法であれば試すことも可能です。