ガンの完治のために|長引く風邪の症状や疲れに悩んだときは慢性疲労症候群を疑う

長引く風邪の症状や疲れに悩んだときは慢性疲労症候群を疑う

ガンの完治のために

聴診器

人間の体にはもともと、ガン細胞と戦う力が備わっています。その力を持つのがNK細胞なのですが、これが弱ければ、それだけガンは進行しやすくなります。そのため昨今では、それを強化するためのNK細胞療法がおこなわれるようになっています。NK細胞療法を受ければ、体は自身の力でガン細胞をどんどん除去していくことができるようになります。ところがガン細胞の増殖の勢いが強すぎると、NK細胞だけでは完全に除去しきることが困難です。そのためまずは、増殖の勢いを減らすために、ガン細胞が特に多く集まっている部分における手術や放射線療法などが必要となります。病巣を除去したり縮小したりすれば、それだけNK細胞療法の効果が出やすくなり、ガンを完治させることも可能となるのです。

NK細胞療法は具体的には、患者自身のNK細胞を採取し、それを培養してから体に注入するという方法でおこなわれています。もともと自分の体内に存在していた細胞ですから、体はそれをスムーズに受け入れます。つまり拒絶反応や副作用が起こったりする心配がないということです。そのため、体力の少ない高齢者などにとっても安全ということで、NK細胞療法は注目を集めています。ただし現在では健康保険の適用外となっているので、治療費は100%自己負担となります。ところが需要の高まりから、昨今では民間のガン保険で治療費を補償してもらえるようになってきています。そのことからNK細胞療法を積極的に受ける人は、今後増えていくと予想されています。